人はなぜ「サポーターになったきっかけ」を書きたがるのか -『100日後に死ぬワニ』との共通点-

「サポーターになったきっかけ」を語る記事が流行っている。これまでに50本くらい読んだ気がする。なぜ人はこのテーマを書きたがるのか。かくいう私も、似たようなテーマの記事を数本書いている。

たとえ、また敗れようとも

社内報に自分のJリーグライフを書いた話

大好きなサウナに入りながら長時間熟考した結果、私の場合、答えは「この先、手に入らない感情だから」だと結論付けた。初めてスタジアムに入った時の感動、初めて決勝戦に挑む時の緊張、降格した時の悲しみ……もうあの頃の感情は二度と経験できない。毎週末、深夜バスに乗ってアウェイ遠征を繰り返していた自分も、ゴール裏の真ん中で応援しないと不完全燃焼だった自分も、敗戦後は悔しさで口数が減った自分も、もう2020年にはいない。だからこそ、“当時の自分”の記憶があるうちにログを残す価値があると思った。

座席指定の年パスを購入し、キックオフ1時間前に到着後はタコヤキを食べながら選手達のアップを眺める。10年前の自分が今の姿を見たら、こう思うに違いない。「ぬるい奴だ」と。こうなった理由は年齢かもしれないし、今のガンバから得られる感動量が減ったからかもしれない。

サポーターをやめるとき

100日後に死ぬワニ

巷で話題の「100日後に死ぬワニ」。ラストシーンに桜が登場する。「刹那に散りゆく運命と知って」いるからこそ、その時間を大切したいと思わせる象徴的な存在だが、このアニメの終わりに相応しい情景描写だと思った。「サポーターになったきっかけ」記事を読むと、このアニメを思い出す。未来には(い)ないものだからこそ、過去(の感情)が尊いと感じるという意味で共通点がある。

私のサポーターライフに照らし合わせて考えると、過去の高い熱量で過ごした日々があるからこそ、ぬるい今を許せる、という側面もある気がしていて、“その時の尊さは、その時には分からない”ならば、ぬるい今のサポーターライフも、10年後には価値を持つのかもしれない。新型コロナウイルスの影響で、未来が見えない日々を生きる中で、そんなことを思った。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove
インタビュー記事作成サービスのご紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”がコンセプト。Jリーグやガンバ大阪に関する雑記、ラーメンを中心とした全国のグルメ紹介記事などを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転身。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime