【ACLアウェイ遠征記 南京編】期待と虚無のループ -江蘇蘇寧戦-

済南、広州上海に続く4回目の中国ACL遠征の地は南京。“中国革命の父”である孫文が永眠する場所である。孫文は「中国人は砂の民である。石にも、まして岩にもなり得ない民族である」という言葉を残し、中国人の団結力の無さを嘆いたのは有名な話。彼が今の中国のサッカースタジアムの様子を見たらどんな感想を持つだろうか。

南京中山陵にある孫文像

砂の民とて目の前に明らかな敵がいた場合には団結するということだろう。それを求めて中国に来ているところもあるので、個人的には嬉しいことだ。初のACL遠征の地・済南で相手サポーターから石を投げられた衝撃から10年が過ぎ、国内では絶対に味わえない“アウェイ感”を求めて旅を続けている。南京では応援席が隔離されていたため、石も投げられず、中指も立てられなかったが、まさか中国でコレオグラフィを見れるとは思っていなかった。異国での応援はいまだにすべてが新鮮に感じられて楽しい。

アウェイの洗礼 -ACL遠征のすすめ-

異国でブーイング

ちなみに、この記事は試合観戦後、深夜25時に南京のホテルの机で書いている。中国での試合では、サポーターは安全上の問題から集団移動が義務付けられている。バスは解散場所となるヒルトン南京までガンバサポーターを送り届け、我々はホテル付近で唯一深夜営業をしていた水餃子が美味い庶民的な店で残念会を行い、各々の部屋に戻った。さすがに疲れているが、異国での応援の興奮で目が冴えているので、こうしてPCに向かっている。

【ACLアウェイ遠征記 広州編】本当に日本人は嫌いですか? -広州恒大戦-

仕事後にそのまま羽田空港に向かい、春秋航空の深夜便で中国に飛ぶ。早朝に到着し、空港内のファーストフードで電車の始発を待つ。平日に仕事を休んでまで異国を訪ね、最終的には愛するクラブの選手達にブーイング。そんな私たちを取り囲む中国の警備の皆様。客観視すると笑ってしまう。一体、自分は何をしているのかと。特に近年はアウェイで勝てないことが多く、サポーター活動は苦痛を伴うものだと痛感する日々。「今回も負けるかもしれない」……そんな心配ばかりしている。まあ、だからこそ応援しているのだけど。

南京ではゴール裏3階席が応援エリアとして割り当てられた

今の自分に相応しい孫文の言葉

サポーター(私)がクラブに対して過度に期待し、夢を見がちであることは否定しない。現実は前半10分で0-2なのだ。試合前の期待感と、試合後の虚無感。サポーター活動はこの繰り返し。けど、抜け出せない。応援せずにはいられない。最後に孫文の言葉を。

“人生すべて七転八倒だ。大切なことは慌てないことだ。絶望さえしなければ必ず成就する”

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”がコンセプト。Jリーグやガンバ大阪に関する雑記、ラーメンを中心とした全国のグルメ紹介記事などを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転身。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime