ススキノと攻撃サッカーは人を元気にする -札幌アウェイ遠征を終えて-

一番サポーター活動に熱があった時期は観光には目もくれず、ただ家とスタジアムを往復する遠征をしていた。「遊びに来てるんじゃねぇ!俺は戦いに来ているんだ」。わりと真剣に思っていた。

時は過ぎ、意識は変わった。今回の札幌遠征は観光がメインだった。昼はサッポロビール博物館でビールを飲み、おやつとしてソフトクリームを食べていたらキックオフ時間が迫っていた。試合後の祝勝会はジンギスカン。満腹である。

こうした私の行動を、ガンバ大阪への熱量が低下したと捉えるのか、大人の余裕が出たと考えるべきなのかは分からない。今節は遠征が難しい“日曜夜”の試合開催だが、翌日の仕事は何の迷いもなく有給休暇を使用した。翌日に仕事のことを考えないで過ごす北海道は最高だった。

「麺屋 彩未」(札幌ドーム)

スタジアムに一体感をもたらすもの

(私とは違い)翌日に仕事がある人が大半であろう日曜ナイターの試合でも、入場者数は2万人を超えた。集客力もさることながら、久々に訪問した札幌ドームの一体感には驚かされた。バックスタンドやメインスタンドのコンサドーレサポーターも、手拍子をはじめとする応援を積極的に行い、スタジアム全体でチームを後押しする空気感を作り出していた。野々村社長の積極的なコミュニケーションの賜物か。

日曜ナイターでも多くの観客動員

一体感という視点で言えば、試合終盤のアデミウソンのドリブル突破はガンバゴール裏を1つにした。いつかの“ミネイロ祭@味スタ”を思い出した。共通するのはイケイケの雰囲気での攻撃。攻撃的なサッカーと、すすきのは人を元気にする。

儚さの先にある未来 -2019ルヴァンカップ決勝観戦記-

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove
インタビュー記事作成サービスのご紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”がコンセプト。Jリーグやガンバ大阪に関する雑記、ラーメンを中心とした全国のグルメ紹介記事などを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転身。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime