森下仁志監督の檄、唐山翔自選手への批判

今年も年末に差し掛かり、同窓会の季節である。馬鹿な思い出話に花を咲かしていた時は終わり、大学卒業から10年以上が過ぎると話題は限られてくる。少し前まで脱サラ無職大学院生の私のような存在も混ざるため、仕事の話題は若干のセンシティブさを含んでいるものの、宗教や政治の話題よりはマシ。ゆえに近況報告はこのテーマが中心となる。

そこで気がついたことが1つある。仕事の話題を明るく話す友人のベンチャー企業勤め及び自営業率が高いということ。私の見立てはこうだ。大企業と比較して事業規模が小さいため上司・同僚を含むステークホルダーとの距離が近く、彼らの目線に自覚的になれる。(他案件に)埋もれにくいと言い換えてもいい。つまり「見られている」意識が充実につながっている。

自分という存在は他者からの眼差しでしか自覚することが出来ない以上、他者の目線(期待)は仕事の充実度に大きく影響する。学生時代、意識高い系の友人がよく発言していた「ベンチャー企業の方が成長できるよ」はあながち間違っていないかもしれない……と、比較的大企業から中小企業に転職して2年弱が過ぎた今、私自身も感じている。実態が掴みにくい売上や評判よりも目の前にいる貴方のリアクションが大切なのだ。

森下監督の功績

前置きが長くなったが、ここからが本題。ガンバ大阪U-23の活動が今シーズンで終了する。賛否両論あったものの『トップチームへの人材輩出』という観点においては律、敬斗、福田、食野……と多くの選手がトップチームで活躍した(欧州に移籍した)ことをふまえると一定の成功を収めたと捉えている。特に2019年シーズンより就任した森下仁志監督の功績は大きい。

福田湧矢、不遇を越えて -大阪ダービー2019-

就任当初はジュビロやザスパで実績から不安視する声も多かったが、蓋をあければ選手からの絶大な信頼をベースに“熱い”指導力で選手を続々とトップチームに引き上げた。この成功要因は“期待の眼差し”にあるのではないか。

ピグマリオン効果』という社会学でよく使われる言葉があるが、森下監督も多くのインタビューで語っている通り、選手達に対して「2軍」「Bチーム」という目線ではなく「ここからトップに行くんだ」という期待や信頼を持って接したことが選手のモチベーションを高めた。だからこそ、“島流し”と表されることもあったU-23の過酷な環境下においても選手を成長させることができた。

U-23はトップチームに比べれば試合の観客数も少ない。プロになったはずなのにチームメイトは高校生。一回り近く(以上)年齢の違う対戦相手の荒い言動に苦しみ、名前を知らない主審の不可解な判定に泣かされたこともあった。そんな逆境でも頑張れたのは「お前達ならできる」と信じて接した森下監督によるところが大きい。得点後、真っ先に森下監督に抱きつきにダッシュする選手達の姿を見る度にそう感じた。

試合中、熱い激を飛ばす森下監督

唐山翔自への批判

”期待の眼差し”が裏目に出る時もある。

第30節サガン鳥栖戦。U-23の有望株・唐山翔自が2度の決定機を外したことで批判に晒された。若きエースへの批判は賛否両論。根本にある「決めて欲しい!」「やれるはず!」という想いは共通しているにも関わらず、サポーターを分断した。

救いは唐山がこの経験を糧に前を向くコメントを残していることだが、相手が期待に応えてくれなかった際の向き合い方という課題が露呈した。

サポーターの立場から考えるべきはその効果であるべきで、批判が何をもたらすのかということ。敗戦後、サポーターからのブーイングを正面から受け止め、頭を下げる選手達の苦渋の表情からは批判が次戦への活力に繋がっているとは思えない。

観客席から漏れ聞こえる森下監督の檄はサポーターと同等……もしかすると、それ以上の乱暴性を含んでいるかもしれない。それでも選手がそれをモチベーションと出来るのは両者の間に信頼関係があるからに他ならない。

では、サポーターと選手は信頼関係を構築できないのか。

森下監督の檄もサポーターのブーイング(批判)も根本では繋がっていると思っている。「もっとやれるはず」という期待(の裏返し)。ただ、そこを理解してもらえるだけの選手-サポーター間のコミュニケーションは現実的ではない。数年前までブーイングをしない方針を持つ他クラブのサポーターを「ぬるい」と感じていたが、唐山のような若手選手への批判の是非を考える中でサポーターは『ウー』のような激励スタイルで選手への期待を伝え続けることが在るべき姿なのかもしれない……と自問を続けている。

10代選手への批判は賛否両論を巻き起こした

ヤットの復調

”期待の眼差し”について考えたのはジュビロ磐田移籍後、ヤットが復調していることも影響している。

サヨナラを伝える前に -遠藤保仁選手の移籍によせて-

言わずもがなマイペースだとされる本人の性格からプレークオリティが環境に左右されにくい選手であり、J1とJ2のレベル差など、ジュビロで結果を出せている要因を”期待の眼差し”だけで考えるのはあまりにも乱暴であることは理解している。

ただ、ここ数年ガンバ大阪サポーターのヤットへの眼差しは(一部コアヤットファンを除いて)「年齢による衰え」という目線が含まれていたことを否定できない一方で、ジュビロサポーターのSNSや報道で目にするヤットへの眼差しはガンバサポーターの目線とは明らかに違うものだった。

コロナ禍のJリーグは来シーズンも続くだろう。スタジアムや練習場で直接的な声援を送ることができない状況だからこそ、選手やクラブへの期待を示す必要性が高まっているのではないか。手拍子で、横断幕で、SNSで、クラウドファンディングへの募金で……方法はある。サポーターとして応援活動の“新様式”を考えながらシーズンオフを過ごそうと思っている。

Photos:おとがみ

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”をコンセプトにJリーグやガンバ大阪に関する雑記、全国のラーメン食レポなどを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転職。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime